【海外駐在家族、必見】住民票がない場合の相続手続き、ご存知ですか? 日本のご実家・親族に関する悩みを解消する勉強会(無料 9/21 Sat)

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

海外赴任中だけど、日本に住むご家族のことが心配…

そろそろ、両親や祖父母の今後について、一度整理しておきたい。

とくに駐在パパ・ママは必見の、海外赴任家族のための相続勉強会(無料)」を開催します。

 

相続=資産家だけのもの、ではありません

相続なんて、ウチは関係ないからだいじょうぶ」

そう思っているひとほど、あるとき突然、その渦中で右往左往するのが「相続手続き」です。

 

相続は、「税金」だけじゃない

「相続税払うほど資産はないし」と思っていませんか?

実際の相続手続きは、税金の処理だけではありません。

電気水道といった公共料金から、車や預金、株券等の名義変更、そして税務や不動産登記まで、あらゆる「手続き」が相続にはつきものです。

もし、日本に住所がない(住民票を抜いた)状態で、名義変更等の手続きが必要になった場合、どのような対処があるのでしょうか?

 

ご親族の資産の名義、把握していますか?

ヒトの移動が自由になった現代において、名義人がいなくなってからの変更手続きは、その煩雑さをますます深めています。

「父のものだと思っていた土地が、実は曽祖父の名義のままで、変更手続きに半年以上かかった…」

「権利者が10年以上前に海外移住していて、連絡がとれずに手続きが止まっている」

こんなケースが、日本中いたるところに転がっています。

海外赴任中、相続手続きで日本を行ったり来たりは、大きな負担です。

いざという時に困らないための、海外赴任家族のための相続の基礎を知っておきましょう。

 

勉強会 概要

講座:「海外赴任家族のための相続基礎講座
※約1時間の基礎講座ののち、ご質問を受ける座談会の時間もご用意しています。

日時:2019年921日(土)

  • 午前の部10時〜
  • 午後の部14時〜
  • 夕方の部17時〜

会場:ニコラボ・スペース(Sukhumvit Soi 49/1 アクセスはこちら

参加費:無料

協力:相続手続支援センター町田大貫利一税理士事務所

 

※個別相談のご予約も受け付けています。お問合せは、LINE ID: @nico2labo まで。

※勉強会後のご質問や個別相談の内容は、守秘義務に従って保護されます。安心してご参加ください。

 

講師

 

大貫 利一(おおぬき としかず)

大貫利一税理士・行政書士事務所 代表
宅地建物取引主任者/税理士/行政書士
「はじめて帳簿をつける人の本」(山家一洋共著、明日香出版)ほか、執筆・講演など多数

 

著者

田村 篤(ディレクター)
田村 篤(ディレクター)
海外での子育てを応援するメディア「ニコラボ」ディレクター|バンコクで子育て中、1児の父|24歳でタイ移住▷月給6万円の現地採用でスタート▷26歳で独立フリーランス▷30歳で海外起業&結婚▷海外での子育て・教育支援で活動中|一般社団法人 日本活育推進フォーラム 代表

Leave a Reply