【月刊 SAWAN】今 この瞬間は 2度と戻らない! 〜 母の直感を大切に!気になったらチャレンジしよう!〜

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

nico labo 2019年7月号掲載

タイ育ちのサトシ君(9歳)とワタル君(6歳)のわんぱく兄弟。タイで6年間過ごして、今春 本帰国した。

本帰国が決まった時に、お母さんが

「タイでしかできないことを子供達に体験させたい!」

と考えていたところ、友人からSAWANの話を聞いた。

あ!これは、ずっと子供達に経験させたいと想像していた体験型キャンプだ!と、ピンときた。参加してみたら、子供達も、想定以上に大満足。

本帰国までに、SAWANの存在に気づいてよかったー。
いやいやいや、もっと早く気づいていれば、もっと何回も行けたのに!!

今回は、日本の母子3人に話を聞いてみた。
お母さんは、SAWANの話を聞いた時、ずっと前にSAWAN団長に会っていたことを思い出した。 

お母さん

はい!来タイ当初、子供がまだ幼稚園に入って間もない頃に参加した教育講演会で熱く語っていた講師がSAWAN団長だったことに気づいたんです!その当時も、すごいキャンプがあるなあと興味を持ったことを思い出しました。ただ当時は子供が小さくて参加できる年齢ではなかったので、それからすっかり忘れてたんです(笑)今回これは何としても参加させなくちゃ!と申し込みを決めました!

 

ニコ

お母さんに、「SAWANに行ってみようよ!」と言われて、サトシ君ワタル君はどんな気持ちだった?

 

サトシ&ワタル

何だかよく分からなかったけど、SAWANのHPやFacebookを見たら、海で泳いだり、色んなことしてて面白そう!って思ったから、「うん、行く!」って答えたんだ!

ポアン

お母さんは、初参加前に何か心配事はあったの?

 

お母さん

赤ちゃんから海外で育ってきたので、ずっと親子べったりの生活でした。子供達は親元を離れての体験が全くないので、無事に行って帰ってこられるのか、安全面や体調面でいろいろと心配でした。しかも、いきなり親から離れて4泊5日!我が子は親なしで過ごせるのかと、申し込みをしたものの送り出す直前まで参加に迷いがありました。
ですが、出発後はFacebook等でタイムリーに様子を知ることができたおかげで、子ども達のがんばりを感じるとともに、当初の心配はすぐに吹き飛び、参加させてよかったという気持ちに変わりました。

 

ニコ

2人は、実際にSAWANに参加してみて、どうだった?

 

サトシ&ワタル

(2人とも口を揃えて)ご飯が美味しい!!(爆笑)

 

 

サトシ

海の上での生活がワクワクしたよ!海を見ながら食べるご飯が最高だよ。昼は魚の群れがすぐ目の前で見れたし、夜は星も見えるんだ。海と星を見ながら食べるご飯が最高に美味しいよ! 大人数で、みんなで寝たのも楽しかったー!

 

ワタル

僕はね、EMボールを投げて、海に飛び込んだのが楽しかった!

サトシ

あとね、班活動が楽しかった。大きなお兄さんやお姉さん、色んな学年の人がいて、色んな知識や考えを持っている人が集まるから、色々なアイデアが出るんだよ!

 

ワタル

自分のお金で、近くの店で買い物ができたのも楽しかったな〜♪

 

ポアン

いつもはできないことが、たくさんできたんだね!!

 

サトシ

うん!!タイで一番楽しかったのが、SAWANだよ!!

ニコ

SAWANから帰ってきた子供達を見て、お母さんはどう感じたかな??

 

お母さん

以前は、日常的に消極的な発言が多かったんです。それが変わりました。初めての場所でも、大きな声で自己紹介や挨拶が出来るようになったんです。自信がついたみたいです。
それと、自分で夢マップに描いたこと(毎日の目標とか)を、黙々と実践する姿が見られて、本当にびっくりしました。「夢マップ作り」や「みんなの前で夢を叫ぶ」と言う体験ってすごいですね。自分の夢について考えること。夢の実現のためにどう行動するか深く考えること。一緒に参加した仲間たちの夢をナマで聞くこと。全てが本当に刺激的だったようです。素晴らしい体験が出来たと思います。

また、親がいなくても、子供って意外と色んなことができるんですね(笑)今までは、なんでもかんでも手と口を出していたのを反省しました。今は、できるだけ子ども自身の意思と行動を見守るように心がけています。

 

ポアン

お父さんやお母さんって、ついつい子どものことに手や口を出しすぎちゃうんだよね(笑)

 

お母さん

はい・・ついつい・・ だから、SAWANのような場所は貴重だと思います。もし自分が子どもの頃にSAWANに参加していたら、親の敷いたレールの上を歩くのではなく、早い段階から自分で自分の人生を歩んでいけるようになっていたかもしれません!

ニコ

また日本からSAWANにおいでよ!本帰国してから、夏休みや冬休みに、子供だけで飛行機に乗ってSAWANに来る中高生は毎年たくさんいるよ。たま〜にだけど小学生もいるよ♪

 

お母さん

はい!子どもがもう少し大きくなって進路や夢の実現で悩んだり迷ったりした時に答えを探しに行けるよう、SAWANを永く続けて欲しいです。団長!よろしくお願いします!

 

サトシ&ワタル

うん!またSAWANに参加したいです!!!

 

ポアン

永くタイに住んでいたのに、本帰国直前に初めてSAWANに来て、「もっと早く来ていればよかった!何回も参加したかった!」って言いながら本帰国する家族が毎年たくさんいるんだよ(笑)
少しでも気になったら是非一度SAWANに参加したほうがいいよ!
もし参加前に不安や心配があったら、なんでも団長に相談してみたらいいんだよ。
低年齢での体験学習は、その後の人生において大きな財産になること間違いなしだからね。

 

 


バンコク・シラチャに住む日本人の子供達が現地活動を通じ
「世界の中の日本」「アジアの中での日本の役割」「夢を持つこと掴むこと」を学んでいます。

毎回号外!と題し、様々な『SAWANの今』をニコラボで発信!

バックナンバーはこちらから

SAWAN の日程