【親子ワークショップ】家族の「お金」に対する考え方が、ガラッと変わる魔法の2時間。ニコラボ・アカデミー 開講‼︎ (11/11)

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

家族の「お金」に対する考え方が、ガラッと変わる魔法の2時間。

このワークショップで学んだことを、子どもには忘れずにいてほしいと回答した保護者 12人中10

【参加者の声】

「お金という存在について、客観的に考え、知る機会として、とてもよい2時間だった」(40代 保護者 母)

「子どもが、むやみにお小遣いを欲しがることに対して、親としてどう対処すべきか、ヒントが見えたような気がする」(30代 保護者 父)

「父親の仕事、母親の家事育児、それぞれお金に対してどんな意味があるのか、初めて考えた」(40代 保護者 母)

「人類が生きていくために、お金という道具を発明した歴史は、あらためて勉強してみるととても興味深い」 (40代 保護者 父)

「仕事をしたらお金がもらえるのは当たり前、と思っていた自分に気づいた」(30代 保護者 父)

「子どもたちが将来仕事をえらぶときに、『だれをどう喜ばせるか』ということを、わすれないでいてほしい」(30代 保護者 母)

「子どもが将来、社会で生き抜ける人間になるために、なにが必要なのかわかった」(40代 保護者 父)

 

ニコラボ・アカデミー 「おかね」と「しごと」を学ぶワークショップ

 

Q. 「おかね」は、なぜ大切なの?
Q. ぼくたちは、どうして「おかね」が好きなの?
Q. 「おかね」って、だれがどうやって作ったんだろう?


Q. おとなはみんな、「おかね」で苦労しているみたい…
Q. どうやったら「お金持ち」になれるのかな?
Q. どうしてみんな「はたらく」んだろう?

わたしたちが安全に、健康に暮らしていくのに欠かせない「おかね」や「はたらくこと」について、親子で考えるワークショップを開催します。

 

ワークショップ開催概要

日時:2018年11月11日(日) 受付 13:30 開講 14:00〜16:00
対象:小学2年生~中学生
教材費:子どもひとり400THB/保護者無料 ※教材費・ドリンク込み
定員:先着12組
会場:ニコラボ・ストア(ニコラボ編集部・Sukhumvit soi 49/1)
協力:Global Support Limited(グローバル サポート リミテッド)

講師紹介

中村 公一(なかむら こういち)
Global Support Limited(グローバル サポート リミテッド/香港)
最高執行責任者

金融機関、保険代理店等を対象とした人材研修プログラムの提供、およびファイナンシャルプランニングの個別相談事業を行う。また、2013年より毎年、多くの中高生が香港を訪れる海外実習「グローバルチャレンジプログラム」を実施。「人はなぜ働くのか?」「なぜ勉強をするのか?」について考える体験学習プログラムを提供。日本と外国との違い、日本のモノ・文化が海外で活躍していることを実体験し、日本が世界に果たしている役割を感じる内容となっている。

 

会場アクセス

お申込み・お問合せ

フォームが表示されない・うまく記入送信ができない場合は、下記より別ウィンドウでフォームを表示してください。

別ウィンドウでフォームを表示する