【教育CSRレポート】消毒剤・洗浄剤メーカーのサラヤ株式会社タイ法人が、バンコクの孤児院を訪問

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

タイ進出日系企業による、教育に関わるCSR活動をレポートします。

今回は、大阪に本社を置く、消毒剤・洗浄剤などのメーカー、サラヤ株式会社。

同社のタイ現地法人 Saraya International (Thailand) Co., Ltd. は、2003年に設立。(以下、サラヤ・タイランド社)

タイの事業者向けに、公衆衛生や感染症予防など、衛生管理に関する啓蒙活動を行っています。

 

2019年3月初旬、バンコク都内ラチャダピセーク通りに近い孤児院を、サラヤ・タイランド社の従業員15名が訪問。

同院の子どもたちを対象に、「ただしい手の洗い方」講習会を行いました。

 

しっかり手首まで、せっけんで洗うように指導を受ける子どもたち。

 

手洗い後の給食に同席する、サラヤ・タイランド社の女性スタッフ。

 

サラヤ・タイランド社より、「手洗い石けん液72本」、「ほ乳びん・食器あらい用洗剤40本」が同孤児院に寄贈されました。

 

お問合せ

Saraya International (Thailand) Co., Ltd.
http://www.saraya-thailand.com


御社の「教育」にかかわるCSR活動の情報をお寄せください。

編集部 LINE ID: @nico2labo

เพิ่มเพื่อน

【ニコラボは、教育環境の向上に貢献する企業・団体の広報支援を行っています】

著者

田村 篤(ディレクター)
田村 篤(ディレクター)
海外での子育てを応援するメディア「ニコラボ」ディレクター|バンコクで子育て中、1児の父|24歳でタイ移住▷月給6万円の現地採用でスタート▷26歳で独立フリーランス▷30歳で海外起業&結婚▷海外での子育て・教育支援で活動中|一般社団法人 日本活育推進フォーラム 代表