vol.8『タイの伝統なぜなぜ』 by Sat

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

【Vol.8 】
タイの伝統なぜなぜ

photo by  BigTuang

日本ではお宮参りやお食い初めなど、子供が産まれたら目白押しの伝統行事。もちろんここタイにもございます!今回はタイの伝統なぜなぜをご紹介します

なぜなぜ1: バタフライピーを眉毛に塗って、目指せイケメン

インスタ映えする青いお茶として大人気のバタフライピーは美容効果もあると言われていますが、効能のひとつとして薄毛や白髪に効くんだとか。

タイではバタフライピーの成分を眉毛に塗ると、濃くてきれいに整い、美男美女になると言われているそうです。我が家はスティックタイプのバタフライピーセラムを4本も買ってきて、産まれてしばらくしてから毎日塗り続けています

ついでに私の眉毛にも塗っているのはここだけの話。

なぜなぜ 2: 産まれてすぐ坊主デビュー

タイでは産まれた時に生えていた髪の毛はあまりよくないとされており、旦那氏が赤ちゃんの頃は産後1ヶ月までにすべて剃っていたんだそう。

そうする事で綺麗な髪の毛が生えてくると言われているのですが、今時全剃りはしないそうで、我が家も髪の毛の一部を切る事で落ち着きました。

先日、義母が通っているお寺の僧侶と義父方の親戚に切ってもらったのですが、綺麗な髪の毛だけでなく、同時に健康と幸運も祈ってくださいました。

なぜなぜ 3: 年に似合わない立派な金のネックレス

義母は10人兄弟の真ん中っ子。つまり義叔父が2人いるのですが、それぞれから金のネックレスを譲り受けました。

これらは義叔父達が子供の頃からつけている年季の入った物で、なかなか高価なものだそう。

確かに、年齢に似つかない立派な金のネックレスをしているタイ人の子供を見かけますよね。

我が家は2つもいただいてしまったのですが、両方つけるのか、日替わりでつけるのか、はたまた有り難く金庫にしまうのか、まだ決めていません。


ニコラボ・Mamaライター: Sat
 
2017年、タイ人男性との結婚を機にバンコクに移住。その後妊娠、2018年9月に男児を出産。
IG : sat.bangkok
 

私は長年友人だったタイ人夫と昨年結婚し、同年末にバンコク入りしました。そしてすぐ妊娠が発覚し、バンコクでの新生活とほぼ同時スタートで妊婦生活が始まりました。ここバンコクで初めての妊娠という事で、右も左も分からないプレママとして感じた日本とタイの違いや疑問、不満を赤裸裸にご紹介したいと思います。

nicolabo MAMAライター By Sat 

 

Leave a Reply