うごきのクリニック 【歩幅】100メートル、何歩で走れる?

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

 

Logo-Ugoki-Clinic

うごきのクリニックとは?

「どうして運動がうまく出来ないのか」「どうして記録が伸びないのか」
こんな悩みや疑問の解決方法を、皆さんと一緒に考えます。
http://ugoki-clinic.com/

【2015年10月 Vol.35掲載】


【歩幅】100メートル、何歩で走れる?

夏休みも終わり、そろそろ秋の運動会シーズンですね。

今年の世界陸上では、ボルト選手が圧巻の走りで、100m、200m、4×100mリレーの3冠に輝きました。また、日本の高校生、サニプラウン選手の走りも素晴らしかったと思います。

さて、速く走るには歩幅を大きく回転数を上げれば良いのですが、ボルト選手やサニプラウン選手は100mを何歩位で走っているのでしょうか?

世界陸上の実況では、ボルト選手42歩、サニプラウン選手43歩と言っていました。サニプラウン選手の歩数がボルト選手に近いのには驚きました。

皆さんは何歩位で走れますか?  小学校の高学年〜中学生位なら、55歩〜60歩位で走れると思います。

歩幅を大きく走ろうとすると、自然に身体を大きく強く動かします。とても大切な練習です。

歩幅が大きくなれば回転数を上げにくくなりますので、歩幅を大きくする練習と共に回転数を上げる練習もしてみて下さいね!


後藤 淳一(ごとう じゅんいち)

一般社団法人日本ライフマイスター協会理事。慶應義塾大学医学部競走部コーチ。トレーニング指導士。1982年よりパーソナルトレーナーとして運動指導に携わる。スポーツ選手のトレーニング指導、ダウン症児の運動指導・指導カリキュラムの作成等、からだの動かし方や運動の指導を行なう。
http://ugoki-clinic.com/