【SDGsを学ぶ】バンコクで働く国際機関職員・外交官に、「お仕事」について聞いてみた。

SDGsって、なんだろう? 「SDGs」=エス・ディー・ジーズ、と読みます。SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS の略で、「持続可能な開発目標」と呼ばれています。 外務省の特設ページでは、下記のような説明があります。 〜2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。〜 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html 海外の国際機関で働く職員や、日本を代表して働く外交官のみなさんのお仕事は、このSDGsにふくまれる17のゴールに関わっていることが多いのを、知っていましたか? 国際機関職員・外交官として働く日本人から学ぶ「SDGs お仕事図鑑」 2020年1月、2月と、バンコク市内サートーン地区にて、この「SDGs」をテーマに、在タイ日本国大使館主催のトークショーが開催されました。 第一回のテーマは、「質の高い教育をみんなに」。講師は、UNESCOで働く日本人職員、林川さん。 モデレーターは、文部科学省から在タイ日本国大使館へ出向中の、久芳さん。 林川さんが働くUNESCO(国際連合教育科学文化機関)は、「教育」「科学」「文化」に特化した、専門機関です。 〜諸国民の教育、科学、文化の協力と交流を通じて、国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国際連合の専門機関です。(ユネスコ憲章前文より)【目的及び任務…憲章第1条参照】 https://www.mext.go.jp/unesco/003/001.htm 職員の数は、170カ国出身の2,000人を超え、うち870人以上が現地事務所や研究所、センターで働いています。(参考:国際連合広報センター) 林川さんは、そのうちの一人、ユネスコ・バンコク事務所で働く日本人職員なのです。 子どもたちからの質問「国際機関で働きたいとおもったら、どんな勉強をすればいいですか?」に答えた、林川さんのことばが印象的でした。 「専門教育は必要ですが、あとでやっても間に合います。 中高で学ぶべきは、『リーダーシップ』と『ディスカッション』。 国連では160カ国の出身者が、職員として働いています。 『急ぎでこの仕事をやって!』とお願いされた時、わたしたち日本人はいますぐ、今日やりますね。でも、他の文化や習慣で『急ぎ』の理解が翌週だったり、翌月だったり、と言うことがありえるのです。 160カ国からの人たちが働いていたら、そこには160の常識があるんですね」 林川さんの経歴をご紹介しましょう。 林川 眞紀(はやしかわ まき)ユネスコ・アジア太平洋地域教育局(バンコク事務所)インクルーシブ教育と教育の質セクションのチーフ。 ロンドン大学経済政治学院国際関係論学士課程卒、同大学教育研究院国際比較教育学修士課程(教育計画)及び南オーストラリア大学教育学部幼児教育修士課程修了。国際開発センター(IDCJ)を経て、1993年アソシエート・エキスパートとして国連教育科学文化機関(UNESCO)パリ本部教育局識字成人教育課に勤務。その後、ユネスコ北京事務所、ユネスコ・バンコク事務所、JICA特別嘱託(人間開発部、2003-2005年)、そして国連児童基金(UNICEF)東アジア太平洋地域事務所(バンコク)にて、ノンフォーマル・識字教育、ジェンダー・女子教育そして幼児発達教育などを中心に「万人の教育(EFA)」推進プログラムに従事。2011-2016年, ユネスコ・パリ本部教育局にて基礎教育課、学習と教員開発課、及びジェンダーとインクルシーブ教育課の3課長に就任。教育局のジェンダーフォーカル・ポイントとして、女性と女子の教育プログラム調整も担当。2016年4月より現職。アジア太平洋地域の基礎教育開発全般事業の統括する他SDG4の地域コーディーネーションも担当。 「まちづくり」もSDGsのひとつ 第二回のテーマは、「住み続けられるまちづくりを」。 講師は、UNDPで働く岡橋さん。そして、国土交通省から在タイ日本国大使館に出向中の、崎谷さん。 「まちづくり」と一口に言っても、そこにはさまざまな要素が含まれます。 岡橋さんが、会場の子どもたちに質問します。「カンボジアに住む、7歳の女の子。この子が、学校に行くために必要なことはなんでしょう?」 もし戦争をしていたら…感染症が広まっていたら?今日、食べるものがなかったら? いま、私たちが当たり前に学校に行けるのも、たくさんの条件が揃っているからなんですね。 岡橋さんが働く、国連開発計画(UNDP)は、貧困や民主的統治、環境、気候変動などに関する活動を行っています。(参考:国際連合広報センター) 岡橋さんは、自身の経験から、子どもたちにこんなメッセージを伝えたかったといいます。 「学生時代の自分に見えている世界が全てだと思わなくていいんです。 今いる環境に疑問があったら、勇気を出して、外に出てみてください。 必ず、あなたの居場所はあります」 岡橋さんの経歴。 岡橋 麻美(おかはし あさみ)国連開発計画(UNDP)・アジア太平洋地域バンコク事務所の都市開発専門官。 早稲田大学教育学部卒業後、2008-2013年民間企業に勤務し、東南アジアのITインフラシステムの新規事業開拓を担当した後、メキシコシティに赴任し、スマートシティ案件の立ち上げ、マスタープラン作成支援を行う等、都市開発分野に民間の立場から従事。退社後、2014-15年まで英国ロンドン大学にて都市開発経済学修士を取得。在学中、ニューヨークの国連南南協力室、UNDP対外関係アドボカシー局の二つの部署でインターンを経験。2017年、UNDP本部管理局局長室に勤務。2017年後半から現在まで、UNDPアジア太平洋地域事務所の都市開発専門官として、民間企業との連携を通じた都市課題対策支援(特にインドネシア、パキスタン)、持続可能で包括的な都市計画の推進、ASEAN地域の市町村のプラスチックごみ対策案件作成を担当している。 在タイ日本国大使館で働く崎谷さんは、国土交通省で道路計画や新幹線建設、まちづくりなどを経験。タイでは、インフラや防災を担当しています。 崎谷さんの経歴。 崎谷 唯比古(さきたに […]

Read More →
【月刊 SAWAN】命をいただく体験を通して学ぶこと

命の大切さを学ぶきっかけとなったのは、10年前のランプーンSAWANキャンプでの出来事です。村の人が夕食の準備をするために鶏をさばいていました。その時に『命の大切さ』を実際の体験から学んでほしい、そして、自然との共生や、食べ物、生き物、親、友達など自分の身の回りに存在するすべてのものに感謝する気持ちを育てたい!と思い、SAWANでの鶏さばきプログラムをスタートしました。 始めた当初は、ゲームのような感覚で他人を傷つけたり命を奪ったりする事件が数多く起こり、社会問題となっていた時期でした。保護者のなかには、鶏さばきをすることで、子供たちが動物虐待をするような乱暴な子供になってしまうのではないか?とういう心配をする声もありました。

Read More →
毎回号外!【月刊 SAWAN】

バンコク・シラチャに住む日本人の子供達が現地活動を通じ 「世界の中の日本」「アジアの中での日本の役割」「夢を持つこと掴むこと」を学んでいます。 毎回号外!と題し、様々な『SAWANの今』をニコラボで発信! SAWAN の日程 ●第116回 03月08日(日)夜発〜12日(木)朝帰着 ピタック島で卒業 ●第117回 03月13日(金)夜発〜17日(火)朝帰着 ピタック島で終業 ●第118回 03月22日(日)夜発〜27日(金)朝帰着 ピタック島で日本組も卒業!終業! ●第119回04月11日(土)夜発〜16日(木)朝帰着 1日長いゆったりピタック島ソンクラン

Read More →
帰国後の園・学校は、どうやって選ぶべき? 〜 新規開校のアオバジャパン・バイリンガルプリスクール中野キャンパスに学ぶ

任期終了、日本への本帰国、といった辞令とともに、歓送迎会や引越し、転園・転校といった帰国準備にあわただしい季節となりました。送迎会や引越しと違い、他人任せにできないのが「園・学校えらび」。東京中野に新規開校するアオバジャパン・バイリンガルプリスクール事務局に、帰国後の園選びのポイントや、スクールの特徴などを伺いました。

Read More →
【延期/ワークショップ】家族の「お金」に対する考え方が、ガラッと変わる魔法の2時間。ニコラボ・アカデミー (2/23 Sun)

【参加者の声】

このワークショップで学んだことを、子どもには忘れずにいてほしいと回答した保護者 21人中19人

「子どもが、むやみにお小遣いを欲しがることに対して、親としてどう対処すべきか、ヒントが見えたような気がする」(30代 保護者 父)

「父親の仕事、母親の家事育児、それぞれお金に対してどんな意味があるのか、初めて考えた」(40代 保護者 母)

「人類が生きていくために、お金という道具を発明した歴史は、あらためて勉強してみるととても興味深い」 (40代 保護者 父)

Read More →
【月刊 SAWAN】『虹の学校バンコク遠征第二弾!』

SAWANは 2015年から 虹の学校を訪問しています。 日本やタイ国内の支援を多く受けている虹の学校ですが、「SAWAN式支援」として モノの支援ではなく、心の支援・夢の支援を続けてきています。 具体的には、2015年〜2018年にかけて計5回SAWANキャンプとして訪問、2018年からは逆にSAWANキャンプに毎回2人の虹の子を招待、2018・2019年の虹の学校バンコク遠征の期間に、SAWANファミリーでホームステイを受け入れています。

Read More →
【月刊 SAWAN】「核家族での 海外での子育て。そこにSAWANがあって良かった。」

タイ在住20年超のSさん家族。3人の子どもたちは全員タイ育ち♫ 長女ちゃん21歳と長男くん19歳は、今は日本で生活しています。末っ子次男くんも、来年高校受験です。 妊娠・出産・乳幼児育児・小中学校(日本人学校)から受験まで、すべてタイで乗り越えました。

Read More →
【月刊 SAWAN】「SAWANを支えに自分と向き合った高校3年間」 家庭以外に もう一つの居場所がある子は強いのさ!

バレエ・ダンス・バイオリンなどハイレベルな習い事を制覇する才能あふれるユナ。 7歳時に来タイ。小中学校時代をシラチャ日本人学校で過ごし、高校はパタヤの現地校で過ごす。 今 思い返しても衝撃的に波瀾万丈な高校生活からの、鮮やかな逆転劇。

Read More →
Topsy Turvy International School (トプシータービーインターナショナルスクール) (The British School of Bangkok Ltd.)

Topsy Turvy International School タイ人はもちろん、タイに住む外国人からも信頼されているトプシータービーインターナショナルスクールナーサリー&キンダーガーテン&プライマリースクール! 1992年創立。ここには約30か国以上の多くの国から生徒が通学。教師もネイティブスピーカーの 豊かな経験を持つ教師たちが在籍しており、イギリスの教育プログラムを採用し2〜11歳のこどもたちを受け入れています。 学校は市内中心部・ BTSナナ駅から近く、徒歩9分位。学校には320万平方メートル以上もの面積があり、そこには4つの校舎、13の教室、アクティビティーエリアがあります。校舎内は木々や日陰などのスポットがたくさんあり、屋外の遊び場、スイミングプール、体育館、子供用ボルダリングジム、図書館、科学研究所、家庭科教室などがが備えられています。 3段階のレベル Early Years Foundation Stage (EYFS): Nursery (2-3 years), Early Years (3-4 years), Reception (4-5 years) KEY STAGE 1 (KS1) Year 1 (5-6 years), Year 2 (6-7 years) KEY STAGE 2 (KS2) Year 3 (7-8 years), Year 4 (8-9 years), Year 5(9-10 years), Year 6 (10-11 […]

Read More →
遊びを通して学ぶ!たくさんの日本人ファミリーも通う安心・信頼できるKiDOナーサリー。

KiDO Thonglor KiDOは、子どもの能力開発&学習の促進が確立されているアメリカのカリキュラムを採用しています。27年もの間、何十万人の子どもたちがこのプログラムで学び、楽しんでいます。各プログラムがこどもの年齢合わせた発達が出来るように組まれ、明確な目標の中で毎週学ぶ内容を変えていっています。 KiDO Daycare は就学前の「3ヶ月~4歳」子ども達向けのスキルを開発するナーサリーです。各家族のニーズに応じて月曜日~金曜日まで1日・半日・1時間でも預けることが出来ます。 KiDO Daycare Classes:     ◦KiDO Freshmen (3ヶ月~1歳)     ◦KiDO Juniors  (1歳~2歳)     ◦KiDO Seniors (2歳~4歳)     ◦KiDO On-Demand Care (1歳~4歳) KiDO Day & Care  Services:     KiDO Daycare: 8時~18時まで KiDO Daycare Curriculum ◦KiDO Gym & Play 遊びと運動を通して学ぶ ◦KiDO Music & More 音楽で脳を発達させ、スキルを強化 ◦KiDO Arts & Crafts 手を使って、想像力を自由にアートで表現 ◦KiDO Library Hours KiDOにある絵本で楽しいお話の時間。 言葉の成長を促します […]

Read More →
【新赴任・新生活 応援キャンペーン】タイで子育てするママのための「お金」基礎講座@ニコラボ・スペース

Q. 子どもの教育費、タイ赴任中や日本帰国後に備えて、どう管理したらいいの?

Q. 投資なんて、考えたこともない素人だけど、話を聞くだけでもいいのかしら?

Q. 将来、夫婦の年金っていくらもらえるの? いまから少しでも有利に貯めたほうが!?

Q. 海外赴任中に利用できる、利率のいい貯蓄方法があるって聞いたけど…

経験・知識のない方でも大歓迎です。

お金の専門家であり、子育てパパでもある講師・久米直也さんが、あなたの疑問・悩みにお答えします。

Read More →
【月刊 SAWAN】SAWANで乗り越えた思春期。大きく成長できた中学3年間!

SAWANで乗り越えた思春期。大きく成長できた中学3年間! 小4〜中3の卒業まで6年間をバンコクで過ごしたHINAKO。SAWANデビューは、小6の卒業SAWAN!♪ どことなく自信がなく消極的な少女HINAKOがSAWANの先輩・仲間と出会い、初めて安心できる環境を得て 色々なことにチャレンジし成長していくサクセスストーリー!♪仲間に 励まされ 勇気をたくさんもらって自信をつけて、学校でもどんどんリーダーシップを発揮するようになっていきます。その変化を見てみよう。

Read More →
【海外駐在家族、必見】住民票がない場合の相続手続き、ご存知ですか? 日本のご実家・親族に関する悩みを解消する勉強会(無料 9/21 Sat)

海外赴任中だけど、日本に住むご家族のことが心配…

そろそろ、両親や祖父母の今後について、一度整理しておきたい。

とくに駐在パパ・ママは必見の、「海外赴任家族のための相続勉強会(無料)」を開催します。

小さい子ども連れのご家族も参加可能な「保育・遊び場」利用サービスもご用意しています。

Read More →
【月刊 SAWAN】「一人っ子」のポテンシャルを大きく引き出すSAWAN! 〜思春期前に 親離れ&子離れの第一歩を!飛躍の思春期を迎えよう♪〜

常夏のバンコクで小1〜4の4年間を過ごしたユウカちゃん。 ダンスが得意で運動神経も抜群な笑顔のとっても可愛い女の子。 一人娘のユウカちゃんは、幼い頃から、いろんな習い事にも挑戦し、両親の愛情を120%受けて大切に育てられてきました。 Sさんと、SAWANとのお付き合いは14年!!!Sさん家族は、SAWAN誕生前から現在もなお変わらずSAWANを支え続けてくれている、ナンバーワンのSAWANファミリーです。

Read More →
義足のアスリート池田樹生君と学ぶ座談会「逆境を味方につける人生の作り方」(7/27 10AM|バンコク)

【タイ日障がい者スポーツ財団 記念イベント】

タイと日本の障がい者スポーツを支援する財団「タイ日障がい者スポーツ財団」が設立されます。

両国の障がい者アスリートの交流や、スポーツ機会の増加、障がい者がスポーツをするために必要な義足などの普及を目的としたこの財団の設立を記念したイベントを行います。

Read More →